観光イベント


 
 

毎年、4月上旬の桜の開花に合わせて秘窯の里大川内でおよそ5日間開催され、多くの焼物ファンで賑わいます各窯元では、「春爛漫」と題し、新作展が開催されます。春の窯元市に合わせ、伊万里・有田焼伝統産業会館では、「国際アマチュア陶芸展伊万里」が開催されています。

 
  
    毎年5月5日に玄海国定公園「竹の古場」で、約一万本のツツジの開花に合わせて開催されます。つつじ餅をはじめ地元農産物の直売やバーベキュー、青空コンサート等が行われます。園内からは伊万里湾をはじめ、いろは島や玄界灘に浮かぶ壱岐・対馬を望むことが出来ます。  
 
 
   大川内山の各窯元の軒先には20cmもの大きな風鈴が飾られ、風鈴の音色が響き渡ります。6月下旬から8月まで開催され、祭り期間中には、献上登り窯焚き、ボシ灯ろうまつり、作品展など、さまざまな催し物が行なわれます。  
 
 
   8月上旬に伊万里市街で開催されるどっちゃん祭りは、伊万里津のかつての賑わいぶりを「焼物の積み出し」、「女みこし」、「市民総踊り」などで再現されます。陶磁文化の継承と地域の産業振興を目的とした祭りです。
 
 
   8月上旬に行われる伊万里市民納涼花火大会は伊万里の夏の風物詩として定着しており、約3000発の花火が伊万里の夏の夜空を華やかに演出します。
 
 
   伊萬里神社の御神幸祭で、伊万里供日(くんち)とも呼ばれています。毎年、秋たけなわの10月の3日間、街は花笹などで祭り一色に染まり、勇壮な合戦絵巻を繰り広げます。
 おごそかに神幸する白神輿・赤神輿の後にそろいの法被にねじり鉢巻姿の血気盛んな若者たちによって担ぎ出される「荒神輿」と「団車」が、トン・テン・トンと打ち鳴らす太鼓を合図に、双方激突し組み合う壮烈な喧嘩祭りは、全国でも類を見ないものです。

※現在、祭りのあり方を見直し中のため、模擬合戦が行われています。
 
 
   毎年、秋たけなわの10月に開催され、郷土色豊かな市民の祭りとして開催されるのが「いまり秋祭り」です。子供たちによる「わっしょいパレード」、市内各企業や団体による「いまり総踊り」、また「伊万里太鼓」などが披露されます。その他、盛り沢山のイベントが祭りに彩りを添えます。
 
 
   大川内山に伝わる鍋島の伝統を受け継ぐために、古式にのっとった「火起こし式」や「献上焼」など各種の行事や窯元市が11月上旬におよそ5日間開催されます。また、日峯社奉納式、筆供養、各窯元によるテーマ展示「秋彩々」などもあり多くの人で賑わいます。
 
 
   1月中旬に行なわれる祭りです。冬の行事であり、伊万里市街で開催され、商店街の活性化を目的に七福神のパレード、福運抽選会などが行われます。
 
 
 

例年2月1日から3月中旬まで、秘窯の里大川内山において、磁器で製作した雛人形やお雛様を描いた器など各窯元の個性溢れる作品の展示販売が行われます。
 その他、ひな人形飾りのアイテムの一つである狗管(いぬばこ)を新たな目玉とし、制作・展示されます。

 
 
伊万里市観光協会 スポット

SUB MENU

伊万里市観光協会 Facebook フェイスブック

伊万里の交通機関

 バス業務案内
 営業時間:AM9:00~13:00
      PM14:00~17:00
 休業日:日曜・祝日 
    年末年始12/31~1/1
 

 西肥バス時刻表
 昭和バス時刻表
 いまりんバス
 伊万里 元気バス
 鉄道案内 松浦鉄道時刻表
 【唐津方面】
 JR九州時刻表
 【有田方面】
 松浦鉄道時刻表

伊万里 今日の天気